webディレクターに求められる資質や条件とは?|Job Offer

webディレクターについて知ろう

webディレクターに関する興味や質問はQ&Aを参考に解消していきましょう。

webディレクターに関するQ&A

webディレクターの仕事に定年はありますか?

会社勤めであればもちろん定年はあります。ただ、webディレクターの仕事は様々な種類があるので、制作現場での仕事を定年まで続ける人や途中で管理業務に移る人もいます。なので、経験や年齢に応じても変化しながら長く続けていける仕事と言えます。

webデザインの知識はあまりなくてもなれますか?

webディレクターの仕事に求められるのは、webデザインの専門的なスキルよりもweb制作全体の仕事を進めるように管理する能力です。なので、専門的な知識よりもプロジェクトを予定通りに進行できることが重要となります。

転職はできますか?

もちろんできます。実績や経験があれば高く評価してくれる会社に移ることも可能です。なので、まずは実績を積んで結果を残すことが大事になります。

webディレクターの魅力

パソコン

webディレクターの魅力はズバリ、世界中の人に誇ることのできるクオリティの高いwebサイトを作り上げることです。Web制作のプロジェクトリーダーとして、デザイナーやプログラマーなど制作に関わる全てのスタッフをまとめる役割を担います。チームとしてクオリティの高いコンテンツを仕上げることができればwebディレクターとしての評価や実力も認めらて、さらに大きな案件や仕事が増えたり、依頼されるようになります。なので、webディレクターの仕事はチームを指揮していく監督のような仕事であり、結果を残せば認められる実力主義の仕事と言えます。

コミュニケーション能力は必須

履歴書

優れたwebディレクターに共通しているのはコミュニケーション能力が高いということです。相手の意図をくみ取る読解力やアイディアや思いを相手に伝えることのできる高いコミュニケーション能力で情報共有の中心となります。これはもちろん仕事を通して身につけることもできますが、もともとある資質としても大事な要素となります。

あると便利な資格

男女

webディレクターの仕事をする上であると役立つ資格がいくつかあります。ワードやエクセルはもちろんですが、その他にもwebマーケティングやwebデザインなどの資格はとても役に立ちますよ。というのも、webディレクターの携わる仕事の範囲は幅広く、様々な専門スタッフと関わって全体の進行管理をしていかなくてはならないからです。なので、マーケティングやデザインについての資格、知識があれば企画や編集などの専門分野においても提案や相談、アイディアを提供することができます。

webディレクターに学歴は必要?

パソコン

webディレクターの仕事をする上で学歴はほとんど重要にはなりません。重要になるのはチームをまとめる統率力とコミュニケーション能力です。Web制作に関する専門的な知識や技術は専門学校などでも学ぶことができますが、必ずしも学校を卒業する必要はなく、制作の現場で下積み経験を積んでからwebディレクターになる人も多くいます。