webディレクターの働き方の方法を要チェック|Job Offer
HOME>特集>webディレクターの働き方の方法を要チェック

webディレクターの働き方

パソコン

webディレクターには正社員の他にも、派遣やフリーランスとなって働くという方法があります。派遣で働くメリットとして、派遣会社のサポートがあるので自分に合った働き方のできる仕事が見つかりやすくなります。また、派遣を通して大手や有名企業に勤めやすいというメリットもあります。次にフリーランスで働くメリットとして、仕事量や休みの日にち、働く場所や時間など全て自分で決めて行うことが可能です。ただ、派遣との違いは自分で仕事の案件や顧客を見つけないといけないので、ある程度の人脈や実績が必要となります。

webデザイナーからの転職も可能

SKILL

webデザイナーを専門としている人でも転職してwebディレクターになることが可能です。実際にwebデザイナーからwebディレクターになる人は多くいます。また、webデザインナーとしての製作や現場経験は転職する際もかなり有利となります。というのも求人などには応募条件として大抵の場合、web制作の経験が問われているからです。ただ、webデザイナーとwebディレクターの仕事内容は大きく異なるのでそこも事前に把握しておきましょう。

求人に応募する際の注意点

履歴書

webディレクターの求人に応募する際に注意するポイントがいくつかあります。1つが職務経歴書の書き方です。これまでの経験や実績を、担当者が見て簡潔に分かるように書くことが大切です。例えば、今まで何をしてきて、なにができるのか、この2つのポイントが相手に伝わるのを意識して書くように心がけましょう。

資格取得にもチャレンジしよう

パソコン

webディレクターの仕事はデザインや企画など幅広い業務を管理していく必要があるので、ウェブデザイン技能検定などの資格も取得することでより仕事のクオリティの向上にプラスになります。なので、意欲をもって資格にチャレンジしてみるのも自分を高めることにつながっていきます。